フードバンクみやこのじょう

「もったいない」から「ありがとう」へ

フードバンクとは、安全に食べられるのに包装の破損や過剰在庫、印字ミスなどの理由で、流通に出すことができない食品を企業などから寄贈していただき、必要としている施設や団体、困窮支援を行っているこども宅食・子ども食堂等に提供する活動です。
2022年度は「住友ゴムCSR基金」の助成を受け、「未来につながるセーフティーネット」として基盤づくりを行います。
今後、県西エリアの流通網の構築を目指しています。

集まった食品は

現在(2022年4月)は、18歳以下のお子さまのいる「生活が大変…」と感じるはご家庭に無料で食材を届ける取り組みをしている「みやこのじょうこども宅食」を中心に利用しています。
大量の寄贈の受入時には、県西エリア各地で実施されている「こども宅食」を実施されている団体へお声かけを行い、お譲りをしています。

現在(2022年4月)は、寄贈いただいた食品は「食の支援を必要としている方々」を支援している団体に提供させて頂きます。(食品の分配先の条件はお尋ねください)なお、直接個人への分配は致しておりません。

寄付頂きたい食品

  • お米(白米・玄米・籾も OK)
  • パスタ・素麺などの乾麺
  • 缶詰・レトルト・インスタント食品
  • 海苔・お茶漬け・ふりかけ
  • お菓子
  • 調味料など

1ヵ月以上賞味期限が残っている常温可能なもの

受付できない食品

  • 開封されているもの
  • アルコール

上記食品はお持ち頂いても受け取り出来ません。ご理解・ご協力お願いします。

※食料の支援をご検討いただける方はお問い合わせください。
未開封、賞味期限内のものをお願い致します。